• 「アゲイン・マイ・ライフ」のイ・ジュンギが、正義の前で直進しか知らない暴走機関車として存在感を爆発させた。 5/26/22 9:31 AM


    韓国で放送された「アゲイン・マイ・ライフ 韓国ドラマ」第12話の視聴率は、視聴率会社のニールセン・コリア基準で首都圏10%、全国9.5%、瞬間最高12.2%まで急騰した。

     

    この日の放送でキム・ヒウ(イ・ジュンギ)は、正義の実現と積弊清算の成功のために、止まることのできない暴走機関車のように、バンド銀行とJQ建設を全方位から圧迫して疾走した。ヒウはチョ・テソプ(イ・ギョンヨン)のもとを訪ね「キム・ソクフン(チェ・グァンイル)検事長から秘密捜査を指示されました。どうしますか?」とし、バンド銀行捜査がソクフンに別途の指示を受けた件だと暴露した。テソプは思いもよらなかった言葉にわざと驚いたが「今日出てきた話を覆い隠すことができるか?」と要請し、状況を注視した「アゲイン・マイ・ライフ あらすじ」。


    20220516175650

     

    その間、ヒウはキム・ヒア(キム・ジウン)からJQ建設に対するバンド銀行の不法融資情況を確保した後、ソクフンに致命的な打撃を与えかねないJQ建設疑惑の内偵報告書をキム・ギュリ(ホン・ビラ)とク・スンヒョク(キム・ギョンミン)に渡し、補強捜査に拍車をかけた。また、キム・ハンミ(キム・ジェギョン)を通じてファン・ジニョン(ユ・ドングン)の名前で「中央地検がバンド銀行を捜査する」という情報をチラシ業者に渡して火種を消すなど、テソプとソクフンの間に亀裂を入れるために総攻撃を浴びせた「アゲイン・マイ・ライフ キャスト」。

     

    このようにヒウは、テソプが再び自分を探すしかない餌を投げ、テソプは自分の線でバンド銀行の件を防ぐのが難しいとヒウを呼んで「機会を与えたい」として、ソクフンの始末を指示するなど、一時も緊張の紐を緩めることができない展開が吹き荒れた。以後、ヒウはテソプという心強い存在を活用してチャン・イルヒョン(キム・ヒョンムク)に接近し、JQ建設の不公正土地落札と亀山市分譲不正を設計した核心関係者に対する自白を得た。また、今後のJQ建設買収のため、パク・サンマン(チ・チャン)の名前で投資会社を設立し、テソプとソクフンの息の根を引き締めた「アゲイン・マイ・ライフ 日本配信」。
    Comments(18)>>
  • 1

Showing 1-1 of 1

TOP

Profile

竹内 笑 (3 days +)

«  2022年6月  »
  01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30